2016年05月16日

週末の機屋

黄金週間も終わったけれど
これからの季節がここ盛岡のベストシーズン。
毎週末あちこちで機屋の屋台カフェはしっかりと稼働しています。

材木町のよ市のひとコマ。

2016_0516_yatai-1.jpg

雲ひとつない晴天にも恵まれた土曜日。

2016_0516_yatai-2.jpg

年を追うごとに人があふれてきている感じ。

2016_0516_yatai-3.jpg

たくさんの方々に声をかけていただいて、元気に営業中!!


そして翌日曜日の八幡のぽんぽこ市。

2016_0516_yatai-5.jpg

こちらも快晴!

2016_0516_yatai-4.jpg

昨日と同じ顔ぶれのお客様にも多数遭遇。
実行委員の方々のガンバリが結実している様を目の当たりに実感。
本当に感謝感謝です。


そして仕事終わり。

2013_0515_ginori-1.jpg

アルバイトスタッフの風子さん抽出のスマトラ。
発展途上ながら、気持ちのこもった一杯に感謝。

明日もベストコーヒーをつくりマス。

posted by 機屋店主 at 07:52| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

HAWAII KONA PRIME その二

機屋に残っていた手網焙煎のハワイがナガヤマくん(機屋)とクマガイくん(六月)の豆しかなかったので、他のメンバーのテイスティングができませんでした。残念ですが、次回の「マンデリン」はしっかりとサポートしたいと思います。

さて、ナガヤマ焙煎のハワイコナプライム。

2016_0514_hawaii-1.jpg

強烈な酸味が舌に残り、その中に隠れているであろうハワイの滋味や甘みが感じられなかった。
ナガヤマの弁では「酸味のうまみを引き出そうとした」と記憶しているが、
高級な珈琲豆に共通して感じるような“気品”までには届かなかった印象。

そして、クマガイ焙煎。

2016_0514_hawaii-2.jpg

こちらは、品評会本選で1位になったハワイだが、滋味がたっぷりあるけど酸味が
少しボヤけていた。
やや硬直したミネラル感を感じられた。一本調子のところがちょっと残念だが、
今後の味わいで酸味がにじみ出てくるとまた違った印象になるかも?


五月晴れの土曜日。
今日は気持ちの良い焙煎日和になるが、さてどんな豆を焙煎しようか…。

昨晩は、盛岡の珈琲屋店主が集って第2回目の集会でした。
異業種交流ではなく同業の交流は、刺激的な時間。

posted by 機屋店主 at 10:44| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

HAWAII KONA PRIME

寒かったり暑かったりを繰り返す5月。
今年はこの季節に合う珈琲をなかなか決めきれずに過ごしております。

2016_0512_hawaii-3.jpg

先日行われた手網焙煎品評会の課題豆〔ハワイコナプライム〕のテイスティング。
喫茶いずみ(船橋/千葉)の伊藤マスター焙煎。
30g/100tの抽出。
品評会本番(4/27)の時の印象とそんなにズレがなかった。
苦味も酸味もマスキングされて、引っ掛かりのある味がない。香りはまあまああるのだが、
それも伸びやかに広がりを感じなかった。
だからといって、美味しくないと決め付けるわけでもなく、アリはありの味わい。

恐らくつくり手の脳内にある最終形のイメージの違いでなかろうか?
「珈琲は大陸で味わう」
機屋スタッフに伝え続けてきた珈琲の味わい方。
生豆をよく観察して、焙煎の火の通し方をシュミレーションを重ねて、
あたかも初めて歩む道を進むような、そんな接し方も良いが、
やはりつくり手のそれまでの経験を最大限に活かし、目の前にある生豆の特徴を
的確にとらえて、火の通し方をイメージして、最終形の美味しさに近づける。

ハワイコナは、カリブ海系の味わいに通じてゆく流れがある、と思う。
華やかな香りと緩やかに続く穏やかな後味。決して崩れない酸味。
カリブ海産の珈琲に求める美味しさ。

2016_0512_hawaii-2.jpg

今日は今日とて他のメンバーのハワイコナが待っている。

posted by 機屋店主 at 07:27| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

A FILM ABOUT COFFEE

今日は午前中に映画を観ました。

2016_0220_cinema.jpg

A FILM ABOUT COFFEE

コーヒー生産地に対してとても強い憧れを抱くことがあっても
その地を訪れようなんて思うことは決してありません。
「餅は餅屋」の例えどおり、珈琲豆の栽培に関してとやかく言えることもなく
いま目の前にある珈琲豆をどう焙煎してどんな味わいでお客様に味わっていただくのか、
ということにしか興味が持てないからです。

でもこの映画で見ることができたアフリカや中南米コーヒーの生産風景は美しいものでした。
いつかは“仕事抜きで”訪れてみたいかも???
(いやそんなことはない、ヨーロッパのカフェ文化のほうが興味深いです、ハイ!)

ある種の宗教のような雰囲気もあるスペシャルティコーヒーの現状。
グローバルネットワークの広がりとともに、人々のコーヒースタイルもヴァリエーションに
富んだものになっている。この現状に、ひとりのコーヒーマンとして信じる道を進むだけです。

posted by 機屋店主 at 20:54| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

Guatemala bourbon amarelo

グァテマラブルボンアマレーロ。
来週に行われる「手網焙煎品評会」の課題豆ということもあり、昨日今日と執拗にテイスティング。
それとあわせるように岩手大学の学生アルバイトたちをつかまえて、コーヒーのドリップ法について
とやかく絡んでコーヒー談義に付き合ってもらった。
最近、コーヒーの話をすることに非常に飢えている。特に焙煎や抽出の技術論。
こればかりはお客さんを相手にして話せる話題ではない。やはりカウンターの中の話。

このグァテマラについて、いろんな商社の方に豆の詳細情報をうかがってみた。
不勉強だったが、初めて知ったこともあった。
グァテマラ産のコーヒーには、ブルボン種の単品種(シングルオリジン)と複数の品種がその土地の
コーヒー組合などでブレンドされたものがあるそうだ。ブルボン種に加えてカトゥーラ種やパチェ種
などがブレンドされているという。
今後のコーヒーづくりに役に立てばいいなと単純に思う。

2016_0219_guatemala-1.jpg

今回の〔Guatemala bourbon amarelo〕はけっこう苦い。
こんな味わいを想定していなかっただけに、想定通りの味わいに近づけるために
抽出技術が鍛えささる。これもまた楽しい時間になる。

明日は朝から予定が目白押しなので、明後日にはこの感覚を残しつつ手網焙煎に挑みたいと思う。

posted by 機屋店主 at 21:07| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする