2017年09月30日

Ethiopia sun irgacheffe

2017_0930_ethiopia-1.jpg

9月も今日でおしまい。
例年とは全然違う時間を過ごしました。
盛岡で珈琲屋をしていること、もう23年も続けていること、そしてこれからのこと。
いろいろ考えさせられた時間でした。

明日から10月。
そして10月1日はコーヒーの日。
ナニカをするわけではないけど、そんな日にナニをするのか?

今日のテイスティングは、エチオピア サン イルガチェフ
福岡の美美さんの紹介で仕入れさせていただいたもの。
深煎りに攻めたつもりだったが、届かなかった。
垂直にまっすぐおりていく苦味と酸味、という印象。その先にはまだまだ引き出せていない
味わいがありそうな気配を感じるが、果たして自分の焙煎で届くか?
楽しくもあり、難しくもある。

明日は節目の一日とするべく、珈琲に取り組もうと思う。

posted by 機屋店主 at 22:49| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

ウゴク

先日、とても大きくて緊張感のあるイベントが終わった。
ここでは詳しいことは割愛させていただくが、
イベントが終わってから、この経験の重さみたいなものが
自分の気持ちに積み重なっていくような感覚になった。

ナニカガウゴキダシタ。

自分のお店(機屋)にとってのこれまでの時間とこれからの時間のことを
じっくりと考えねばなるまい。
自分の中にある、もうひとつのゼンマイのような装置がぎこちなく動き出したようだ。


今日は、、“メキシコ オアハカ オーロラ農園”をチョイス。

2017_0927_mexico.jpg

素朴で何のうねりもない、まっすぐな珈琲。
今日の気分には、ちょうどよいやさしさのある味わい。

今宵は雨の盛岡ですが、もうそろそろ月がキレイに見える頃ですね。
センチメンタルな気持ちも、また珈琲を美味しくしてくれるものだと思います。

posted by 機屋店主 at 00:52| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

スタート

夏が終わりを告げてゆく盛岡。
ホットコーヒーの出番がやってきます。

短い、ホントーに短い夏休みを終えて、2017年の後半がスタート。

2017_0824_start.jpg

〔 Ibrahim mocha yemen 〕

トーキョーでは、フワッとする感じの“外側の味”のする珈琲ばかりが印象に残った。
そして機屋で朝一番の珈琲は「イブラヒムモカ イエメン」を選んで、コーヒータイム。
破れた外皮から熟れたフルーツがジューっとあふれ出てくるような感覚。
香りをまとった味わいというよりは、舌の真ん中にストンと乗っかってくるような芯のある滋味深い味。
トーキョーで味わってきた珈琲で味覚や嗅覚がマスキングされたところとは、
また別の場所に残る味わいが心地よく残ったイブラヒムモカでした。

いよいよ2017年も残り3分の一。
ベストコーヒー、ファインコーヒー、ナイスコーヒー、、、、
いろんな視点に立って、珈琲を見つめたいと思います!!!

posted by 機屋店主 at 09:05| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

Guatemala bourbon single origin

連日降り続けた豪雨で、街も落ち着きのない週末でした。
機屋では、かわらぬ日常で何事もなくお店の営業をやり終えました。


本日のモーニングコーヒーは〔グァテマラ ブルボン シングルオリジン〕

2017_0724_singleorigin.jpg

20g50tのドリップでデミタスの濃厚珈琲。
“シングルオリジン”という響きからナントナク華やかなイメージがありますが、
こちらのグァテマラは、クラシックな味わい。
ねっとりとした食感。
自分にとってはほどほどに口に合う味で、“スペシャリティ”というかんむりの付いたコーヒーにいだく
余所余所しい感じがなくて、好ましく味わうことができた。

朝からナイスコーヒーでした。

posted by 機屋店主 at 08:59| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

Kenya AA / Brazil bourbon carmoshimosaka 1993

梅雨明けの気配も感じない盛岡です。

先日スタンダードのケニアとオールド珈琲のブラジルをテイスティングしました。

〔ケニア AA〕
緑の深い森に入り込んだような、草木の匂いをまといながら、冷めてゆく中で
鼈甲のような甘みを残しつつ、飲み終わる。
苦味がしっかりとあるわけではないが、明るい酸味と甘みをかすかに感じる後味に儚い苦味。
30年前からこんなケニアをずーっとつくってきた。

2017_0722-kenya.jpg


〔ブラジル ブルボン カルモシモサカ 1993年物〕

存在感ある香りにハッとさせられるブラジル。
いつ味わっても、この香りはブラジルにしか感じることがない。
しかもカルモシモサカ、そして1993年物。
引き出しの奥に大切にしまっておいた昔の日記を一ページ一ページめくっている
ような、そんな感じで味わいが広がっていく感覚。

2017_0722_bourbon.jpg


盛岡もそろそろ季節が晩夏へと歩みを進める頃。
焙煎豆をセレクトすることにも少なからず変化が生じる時期。
気持ちは徐々に深煎り珈琲に。
手始めにスマトラ産のオールドコーヒーでも焙煎してみようかと。

posted by 機屋店主 at 08:40| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする