2016年08月23日

大坊さんと珈琲時間

去る某日、あの大坊珈琲店の店主大坊勝次さんと珈琲の話をした。
じっくりと約三時間も。

大坊珈琲店(東京/表参道)の閉店からもう3年近くの時間が過ぎようとしている。
自分も「最後にもう一度」と願いながらも叶わなかったことを思い出す。

店のカウンターの中に立っているときは決して話さなかった、という
珈琲に対するモノづくり(珈琲づくり)の意識/感覚のお話はとても興味深かった。

そして今日は「ケニア」からテイスティングしようと決めている。

ates5.jpg
posted by 機屋店主 at 09:25| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

coffee cup & saucer そしてコーヒーミル

〔ペルー 中深ヤキ〕

2016_0729_ginori.jpg

ハリオV60にてドリップ。たっぷりと軽めに仕上げてみたが、先日のデミタスよりも
強烈な強さを感じる。


〔トラジャ1998年物〕

2016_0729_okura-1.jpg

大倉陶園のデミタスカップで。
ビターチョコに少し甘みを加えたような、上品な味わいに(コーヒーカップのおかげか)。


〔NEXT G / Kalita〕

2016_0729_karita.jpg

いろいろな珈琲豆をグラインドして、味わいを探りました。
新しいものは、やはり楽しい。

posted by 機屋店主 at 09:31| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

本日の珈琲

もうすぐ梅雨明けか!と思いきや、朝からそぞろ雨の盛岡。
(“そぞろ”という言葉が気に入っています)
天候のせいか気温もやや抑え気味で、湿気さえ感じなければ過ごしやすい一日のスタート。

ペルー(中深ヤキ)

2016_0727_peru.jpg

お客様からのお土産で、宗派?の違う珈琲店のペルー。
ところかわれば好みも変わる。
久しぶりのシビレルコーヒーデシタ。

焙煎三昧の一日にするつもり。
ブラジルティピカアマレーロ、ブラジルブルボンカルモシモサカ1993年物、ジンバヴエ1995年物
などなど、いろいろ試したい珈琲豆を焙煎します。

posted by 機屋店主 at 09:55| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

7月終盤

気が付けば7月も残り五日。
日々が足早に過ぎてゆくので気もそぞろで、どこか寂しさが付き纏うこの頃です。
珈琲をじっくり味わう時間が足りない、そう思ってスタッフに珈琲一杯ドリップ
してもらった。

2016_0726_chelsea-2.jpg

〔ジンバヴエ2002年物〕

インパクトのある味わいではなく、全体的にもふわふわした渋みを感じる。
機屋にも枯れた〔ジンバヴエ〕があるが、それとはまた違った造形の味わい。
味わいを表現することをすっかりと忘れてしまって、しばし呆然としながら
飲み干してしまった。

2016_0726_chelsea-1.jpg

毎日がめまぐるしく動き出して、頭の中にあることがカタチにならない。
やはり一人で珈琲をじっくりと味わう時間が必要だ。

posted by 機屋店主 at 23:46| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

reflection 反省

先日行なったコーヒーセミナーでのひとコマ。

3杯のグァテマラをブラインドテイスティング(機屋のもの/盛岡市内の他店舗のもの2種)。
普段から「機屋のモノであればわかる!!」と豪語して憚らなかった自分だったが
不覚にも間違えてしまった…。
答えを聞いてから改めて味わってみると、間違えてバラバラになっていた符号がピタリと合う。
いかに自分が頭でコーヒーを味わっていたのかを痛感。もっともっと味覚嗅覚触覚の五感を駆使して
コーヒーと向き合うべきだと反省した。

2016_0607_guatemala.jpg

今日の盛岡は、朝からしとしと雨。
気持ちを取り直して、まずはコーヒーを一杯。

posted by 機屋店主 at 10:40| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする