2018年04月08日

Guatemala typica 80 years

昨日の土曜日は、よ市開幕。2018年の屋台カフェもいよいよスタート。
雨まじりの開幕になったが、やはり盛岡人は開幕を待ちわびていたかのようにごった返し
の人ごみで、降り続く雨でも18時15分の終了までまばらになることがなかった。

明くる今日は珈琲をじっくりと愉しむようにテイスティング。

「グァテマラ ティピカ 80年古木」

2018_0405_bani.jpg

深煎りの苦みのあるものよりも、濃いながらも幾層にも味わいが広がる珈琲を飲みたかった。
なかなかしっくりとくるグァテマラに出会うことが少ない(自分の好みの問題)けれど
この80年古木は自信を持って人におすすめできる。

posted by 機屋店主 at 23:48| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

Mocha harrar boldgrain 2007年物

2018_0405_mexico.jpg

珈琲屋を始めた頃、“モカ”といえばイエメン(アラビア)とエチオピア(アフリカ)があることに
けっこう衝撃を受けた記憶がある。「コーヒー通ならモカでしょ」くらいの軽いノリで、モカを
オーダーしてご満悦になっていた若い頃でした。
今となってはオショスイ思い出。

モカコーヒーには自分なりのこだわりがあります。
エチオピアモカは野性的で、イエメンモカはエレガント。イエメンを焙煎するときは気持ちを正して
対するのに、エチオピアは思い切った発想で挑む。
自分の感覚で言えば、うまくいくのはいつもエチオピアでイエメンはなかなかしっくりくることが
なかった・・・。

今日の珈琲、「モカハラール」はエチオピア産。
イルガチェフやらグジやらゲイシャ!?やら、昨今はエチオピアといってもひとくくりにできない。
昔はボールドグレインかロングベリーだった(シダモやジンマ、レケンプティもあったけど)。
2007年あたりにはもうエチオピア豆は百花繚乱の状態だったかもしれないけど、自分はそのときも
ボールドグレインかロングベリーにしか目がいかなかった。
10年のエイジングで、深みが増してきたエチオピアコーヒー。香りも複雑でスパイシーな味わいも
丸みのある球体を思わせる。

今だからこそ、産地の個性を感じる味わいに一票を投じたい。

posted by 機屋店主 at 22:11| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

Ethiopia gesha (geisha)

盛岡も春本番!と思いきや、ここにきてよもやの足踏み…。
厳しい寒さが長かった分だけ春の到来が待ち遠しかっただけに
待ちわびる気持ちもそろそろ限界です。
嘆いていても季節は思い通りになるわけでもないけど、
早くポカポカ陽気になってほしいものです。

世の中では新年度がスタート。
全然関係ないけど、懸念事項だった焙煎機のオーバーホールから、一日がスタート。
そしてそして、「エチオピア ゲシャ(ゲイシャ種)」を焙煎!!

2018_0405_geisha.jpg

世間でもっとも高値の珈琲豆でもあるゲイシャ種のコーヒー豆をとうとう仕入れた。
焙煎した手応えは「???」。ケバケバしい香りが支配しているのだろうと
思い込んでいたのに、全然違った…。かといって、ナニカ突出する個性がドーンと
来るのか?といえば、予想と反して非常にオトナシイ味わい。
しばしカップを放置して30分程度待ってみたら、ギューッと集まってくる酸味が
表に出てキタ!
焙煎直後の、まだガスが残って味もまとまらない状態であることは重々承知だったが
数日後の味わいがけっこう楽しみな珈琲。

posted by 機屋店主 at 22:41| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

Costa rica

大きな大きな出来事に立ち会った。
たくさんのほんとうにたくさんのものをいただいてきたことに
改めて気付いた。
これからのことをもう少しちゃんと考えなければいけないなと思った。

2018_0322_lambre.jpg
2018.3.22

今朝はコスタリカを。
強烈な酸味が荒波のように飛び込んでくる。
だけど、ホッとする酸味。

2018_0324_costarica.jpg


たまりにたまっている宿題、トーキョーにいって大口をたたいていたことを思い出した、そんな宿題。
今日から確実に取り組んでいこうと決めた。

posted by 機屋店主 at 11:47| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

Bolivia santa cruz 1995年物

2018_0318_bolivia.jpg

飲めた…。
数年前焙煎したときより、味わいに伸びがあった。
すこしホッとした。

外の日差しが少しずつ春めいてきた盛岡です。
ときどき氷点下まで気温が下がりますが、
季節は動き出しています。

posted by 機屋店主 at 11:37| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする