2016年12月12日

途絶えるということ

先日、悲しい知らせが来た。
尊敬しているコーヒーマンの訃報。まだまだこれからなのに、、、。

休日で閉めている店内で「ヤンニハラールモカ」を味わった。
香りもなく、味もそっけなく感じる。全然嗅ぎ取れない。

2016_1211_yanni-3.jpg

「ヤンニハラールモカ」を突然紹介されたのが今年の8月頃。
商社と契約はしたもののまだ仕入れていないときに、何度かわざわざ電話をもらい、
「ヤンニ」の感想を求められた。
尊敬する先輩にこれ以上気を遣わせるわけにもいかなかったので、
9月には仕入れて、何度かテストローストを繰り返し、出来栄えのいい感じのものを
自分の感想として送ったことがあった。
そうしたら、すぐに返事が来て、一緒に豆も送られてきた。

2016_1211_yanni-2.jpg

離れたところに居ても、珈琲でつながっているんだなぁ〜なんて
ほんわかした気持ちで、そのヤンニを味わった。

その方とは20代に一度だけお会いしたことがあるだけだったが、
イブラヒムモカの会とかアビシニアの会とかのお誘いで電話のやりとりを
細々と続けてきた。


その方が焙煎してドリップした珈琲は一度も味わったことがないけど、
受け継がれた精神はしっかりと受け止めているつもりだが、
実際を考えるととても心もとない気持ちになる。

また、ひとりの偉大なコーヒーマンがいなくなった。
今はその方のことを思い起こしながら、珈琲を味わうことだけで
一杯一杯だ。

2016_1211_yanni-1.jpg

posted by 機屋店主 at 20:39| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

Guatemala pacamara

2016_0907_yanni-2.jpg

情報が氾濫している。コーヒー業界でも同じ。
昔(といっても10年くらい前)は、「グァテマラといえばアンティグア」くらいの
情報しかなかった。“グァテマラ”の尾ひれに“〇▲◇農園の〇▼◇種”なんてデータが付くように
なったが、自分自身はそのことをあまり気にすることはしなかった。

昨今のコーヒー界の流れは大きく変わってきたように感じる。
コーヒーの品質はコーヒーを輸入する商社が牛耳っている。コーヒーのデータも一方的に
供給される。取捨選択は日常茶飯事。

そんなことをぼんやりと考えながら「グァテマラパカマラ」を味わった。
苦味と香味が交差しながら野太い風味が印象的。
「グァテマラってこんな味だっけ??」なんて牧歌的なことを思いながら
コーヒーを味わうことがとても大切なんだ、と思う今日この頃。


話は変わるけれど、昨日楽しいひとときを過ごした。
家族5人でコーヒーの点て比べをした。
珈琲屋を始めたときにこんな時間がやってくるなんて微塵も考えたことがなかった。

posted by 機屋店主 at 08:19| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

ブラジル事情とエチオピア事情とその他のこと

世の中のことに疎くなってしまう。
そう感じる飲み会でした。

ブラジルコーヒーの減産、エチオピア国内のシヴィルウォー、日本のコーヒー商戦の変遷などなど
盛岡の珈琲屋には到底想像もつかないほど、コーヒーを取り巻く状況が日々刻々とかわっている。

そんな状況にも、今日やることになんら変化はありません。
ただ珈琲豆を焙煎し、美味しくドリップする。

そんなことをボーっと考えながら、一日を始めます。

2016_1122_cerrad.jpg
posted by 機屋店主 at 09:38| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

コーヒー談義 文通編

もはや晩秋を想わせるような季節。
今日の盛岡は朝からしとしと雨です。寒さも少しだけやわらいだ静かな時間です。

2〜3日前のことですが、スタッフを集めてコーヒーのテイスティング。
コーヒーは「ヤンニハラールモカ 中深煎り」の手網焙煎2種
20gで50tのデミタス仕上げで。

2016_1105_yanni-1.jpg

ひとつは27分で。もうひとつは29分。
自分勝手な意図ですが、この2分の差に酸味が軽く苦味が柔らかくなり、甘みがでてくる
ピンポイントを探るような手網焙煎をしたつもり。

トーキョーの大坊さんにもコメントを求め、それを通じてスタッフ間で味わいの共有を図る。
とても味わい深いコメントに、かつて離れていた意識(これも自分勝手なこと)が狭まった
ように感じた。

2016_1105_yanni-4.jpg

2016_1105_yanni-3.jpg

posted by 機屋店主 at 09:03| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

PANAMA mamakata 2008

パナマ産の珈琲には話題性が事欠くことはない。
世界でも屈指の高級豆〔ゲイシャ種/エスメラルダ農園〕が特に有名。
残念ながら機屋に在庫はない。
ただ、ゲイシャ種が世に出てくる前から、パナマ産コーヒーには注目していたので
機屋には〔2000年物〕と〔2008年物〕のママカタ農園のパナマがある。
こちらは〔ゲイシャ種〕ではなく〔ティピカ種〕。中南米や南米に古来からある
在来品種で、ボクにとっても馴染みのある品種のコーヒーだ。

さて、連休もそろそろ終盤だけど、ようやくゆるりと珈琲をテイスティングした。

2016_1009_panama.jpg

派手な香りはないが、森の中で嗅ぎ取れるような樹木の香りとしみじみと染み入るような
滋味が特徴的。はっきりとした個性を主張してこないが、それがまた中南米産コーヒーの
特徴を表現していると思う。焙煎においては火の通し方次第で苦味にも酸味にも偏った味わい
になりそうだし、抽出においても引き出したいピンポイントの味に狙いを定めなければ
ぼやけた味わいになりそう。

秋へと季節の移り変わりが加速をはじめた。
温かい珈琲をいっそう楽しく面倒くさく味わう時間がやってきた。

posted by 機屋店主 at 21:48| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする