2016年06月17日

reflection 反省

先日行なったコーヒーセミナーでのひとコマ。

3杯のグァテマラをブラインドテイスティング(機屋のもの/盛岡市内の他店舗のもの2種)。
普段から「機屋のモノであればわかる!!」と豪語して憚らなかった自分だったが
不覚にも間違えてしまった…。
答えを聞いてから改めて味わってみると、間違えてバラバラになっていた符号がピタリと合う。
いかに自分が頭でコーヒーを味わっていたのかを痛感。もっともっと味覚嗅覚触覚の五感を駆使して
コーヒーと向き合うべきだと反省した。

2016_0607_guatemala.jpg

今日の盛岡は、朝からしとしと雨。
気持ちを取り直して、まずはコーヒーを一杯。

posted by 機屋店主 at 10:40| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

31.2℃

暑い一日でした。最高気温31.2℃!
もはや五月の気温ではありませんが、今日は今日とてたくさんの珈琲をネルドリップ。
珈琲屋冥利に尽きる一日でした。

今日は仕事の間隙をぬって、「図書喫茶室」リニューアルの仕上げに取り掛かりました。
来週からようやくフルオープンの運びとなりそうです!

2016_0522_kissa.jpg


さて、本日のコーヒーテイスティング。

2016_0522_costarica-2.jpg

〔costa rica〕
朝の爽やかさが残る空気の中で、香り高く余韻の長い味わいにしばし時間を忘れるほど。


そしてもう一杯。
〔tanzania mondul 1995〕

2016_0522_tanzania95.jpg

時間を置いても、崩れることのないしっかりとしたボディを感じる珈琲でした。


今日もたくさんのコーヒーを胃に流し込みました。
明日はつかの間のお休みをいただきます。

posted by 機屋店主 at 22:26| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

ゆっくりとナガレル

ここ数日、本店隣りの図書喫茶室のリニューアルに時間を費やしている。
珈琲をもっともっと美味しくしたい!という探求心とともに
珈琲を味わう空間についても深く考えるようになった。

今日はリニューアル途中だが、友人たちといろんな話をする場として
小一時間談笑して過ごした。

2015_0627_jamaica.jpg

そこにはストレスのないゆるりとした時間がナガレテイタヨウニカンジタ。
そしてひとりになったとき、ふとスマトラが飲みたくなって、ボンヤリとしたコーヒータイム。

こんな時間が毎日ほんの少しでもあれば、日々はもっとつながっていくような気がした。

posted by 機屋店主 at 21:56| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

週末の機屋

黄金週間も終わったけれど
これからの季節がここ盛岡のベストシーズン。
毎週末あちこちで機屋の屋台カフェはしっかりと稼働しています。

材木町のよ市のひとコマ。

2016_0516_yatai-1.jpg

雲ひとつない晴天にも恵まれた土曜日。

2016_0516_yatai-2.jpg

年を追うごとに人があふれてきている感じ。

2016_0516_yatai-3.jpg

たくさんの方々に声をかけていただいて、元気に営業中!!


そして翌日曜日の八幡のぽんぽこ市。

2016_0516_yatai-5.jpg

こちらも快晴!

2016_0516_yatai-4.jpg

昨日と同じ顔ぶれのお客様にも多数遭遇。
実行委員の方々のガンバリが結実している様を目の当たりに実感。
本当に感謝感謝です。


そして仕事終わり。

2013_0515_ginori-1.jpg

アルバイトスタッフの風子さん抽出のスマトラ。
発展途上ながら、気持ちのこもった一杯に感謝。

明日もベストコーヒーをつくりマス。

posted by 機屋店主 at 07:52| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

A FILM ABOUT COFFEE

今日は午前中に映画を観ました。

2016_0220_cinema.jpg

A FILM ABOUT COFFEE

コーヒー生産地に対してとても強い憧れを抱くことがあっても
その地を訪れようなんて思うことは決してありません。
「餅は餅屋」の例えどおり、珈琲豆の栽培に関してとやかく言えることもなく
いま目の前にある珈琲豆をどう焙煎してどんな味わいでお客様に味わっていただくのか、
ということにしか興味が持てないからです。

でもこの映画で見ることができたアフリカや中南米コーヒーの生産風景は美しいものでした。
いつかは“仕事抜きで”訪れてみたいかも???
(いやそんなことはない、ヨーロッパのカフェ文化のほうが興味深いです、ハイ!)

ある種の宗教のような雰囲気もあるスペシャルティコーヒーの現状。
グローバルネットワークの広がりとともに、人々のコーヒースタイルもヴァリエーションに
富んだものになっている。この現状に、ひとりのコーヒーマンとして信じる道を進むだけです。

posted by 機屋店主 at 20:54| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする