2017年05月28日

コーヒーを見つめるということ

先日、機屋の学生アルバイト数名とコーヒーの勉強会をやった。

普段は、オーダーを出す手順やらお客様へのお声掛け、お客様の来店や退店時のあいさつなどなど、店内での立居振舞ばかりを指導してきたので、コーヒーの味わいやら産地のことや焙煎/抽出のことは後回しにしてきた。
若いアルバイトさんたちは、それぞれに違った興味を珈琲に抱いている。
こんな大切なことに目を向けずにひたすら店舗運営に気持ちを割いてきた自分に今さらながらがっかりした。

「大切なことは目に見えない」

いつか読んだ本のフレーズが頭に飛び込んできた瞬間。
気持ちを入れ替えて、スタッフたちとともに珈琲を楽しもうと思う。


今朝は、店内の模様替えに着手した合間に、珈琲を一杯。

[ Mexico oaxaca aurora ]

2017_0528_mexico.jpg

一回目の焙煎で、オーバーロースト気味な味わいを感じたので、かなりの修正を意識した二度目の焙煎。
香ばしさ、酸味の伸びなど狙い通りではあるが、今後の展開が気になるところ。

posted by 機屋店主 at 07:44| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

大坊さんからの手紙

お天気に恵まれた黄金週間は、お店で必死に珈琲を抽出した。
珈琲を味わって笑顔になる瞬間は、いつでもうれしいもの。
珈琲を通じてナニカを分かり合えたようで、その時間は自分のこれからのチカラになる。

5月の黄金週間も終わり、ゆるりとした時間を過ごした。本当に久しぶりに。
一日ナニカをするでもなく、人と接するでもなく、雑事の整理を気ままに。

2017_0508_letter.jpg

4月半ばに届いた大坊さんからの手紙。
コーヒー屋としてスタイルは違うかもしれないが、ひとつの珈琲を見つめることにそう違いはないと
自分勝手に思っている。
2016年が変わろうとするときや年明け早々にあった悲しい出来事をしっかりと受け止めようとしていたら
かなりの時間が過ぎていたようだ。
珈琲を語らい刺激を受け、次の創作意欲を掻き立ててくれるような瞬間がないことに
ハッとして不安に感じたら、居ても立っても居られず珈琲豆を大坊さんに送っていた。

その返事を改めて再読。
また居ても立っても居られずに、深煎りのモカに挑戦。
珈琲豆の味わいが落ち着くまで時間を置いて、ゆるりと味わうつもり。

posted by 機屋店主 at 19:48| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

思いは遠くに

自分も50代の大台を超え、珈琲屋稼業の厳しさに耐え続けながら23年も経った。
長く続けていればいろいろなことに直面するが、今は自分の“この先”について
よ〜く考えながら、次の歩みを確実に踏み込まなければならないと感じている。

「珈琲をもっともっと深く追求し、より納得できる味わいを引き出す」
日々の流れに身をゆだねて過ごしていると、見失いがちだった“あの頃の意志”が
珈琲を味わうたびに、強い思いとなって頭に浮かんでくる今日この頃。

自分の周囲にいる人々をハッピーにして、楽しく珈琲をつくる。
決して容易なことではないけれど、確実に実行しなけりゃならない自分のミッション。

2010_1205_ふしぎだなぁ.JPG
posted by 機屋店主 at 21:35| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

途絶えるということ

先日、悲しい知らせが来た。
尊敬しているコーヒーマンの訃報。まだまだこれからなのに、、、。

休日で閉めている店内で「ヤンニハラールモカ」を味わった。
香りもなく、味もそっけなく感じる。全然嗅ぎ取れない。

2016_1211_yanni-3.jpg

「ヤンニハラールモカ」を突然紹介されたのが今年の8月頃。
商社と契約はしたもののまだ仕入れていないときに、何度かわざわざ電話をもらい、
「ヤンニ」の感想を求められた。
尊敬する先輩にこれ以上気を遣わせるわけにもいかなかったので、
9月には仕入れて、何度かテストローストを繰り返し、出来栄えのいい感じのものを
自分の感想として送ったことがあった。
そうしたら、すぐに返事が来て、一緒に豆も送られてきた。

2016_1211_yanni-2.jpg

離れたところに居ても、珈琲でつながっているんだなぁ〜なんて
ほんわかした気持ちで、そのヤンニを味わった。

その方とは20代に一度だけお会いしたことがあるだけだったが、
イブラヒムモカの会とかアビシニアの会とかのお誘いで電話のやりとりを
細々と続けてきた。


その方が焙煎してドリップした珈琲は一度も味わったことがないけど、
受け継がれた精神はしっかりと受け止めているつもりだが、
実際を考えるととても心もとない気持ちになる。

また、ひとりの偉大なコーヒーマンがいなくなった。
今はその方のことを思い起こしながら、珈琲を味わうことだけで
一杯一杯だ。

2016_1211_yanni-1.jpg

posted by 機屋店主 at 20:39| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

ブラジル事情とエチオピア事情とその他のこと

世の中のことに疎くなってしまう。
そう感じる飲み会でした。

ブラジルコーヒーの減産、エチオピア国内のシヴィルウォー、日本のコーヒー商戦の変遷などなど
盛岡の珈琲屋には到底想像もつかないほど、コーヒーを取り巻く状況が日々刻々とかわっている。

そんな状況にも、今日やることになんら変化はありません。
ただ珈琲豆を焙煎し、美味しくドリップする。

そんなことをボーっと考えながら、一日を始めます。

2016_1122_cerrad.jpg
posted by 機屋店主 at 09:38| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする