2015年10月14日

Mandheling G1 WAHANA longberry part 2

とても寒い一日でしたね。
フリースを一枚羽織るだけでは心もとない寒さでしたが
濃い目で温かい珈琲を味わいながら体調を気使う店主です。

本日は例の珈琲のテイスティング。

〔Mandheling G1 WAHANA longberry〕

やや軽めの抽出で、たっぷりとしたコーヒーカップで味見。

2015_1014_cup.jpg
〔 ARABIA / Finland 〕

透き通るような香味があり、全然澱んだ雑味もない。
クリアな苦味とそれに寄り添うような酸味。焙煎や抽出でその味わいは
変化していくものだが、このワハナのロングベリーにはピュアな土の味わい
を感じた。決してブレることのない一本芯の通ったものがある、そんな珈琲。

posted by 機屋店主 at 19:23| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

Mandheling G1 WAHANA longberry

あっという間に10月も中旬。
日を追うごとに寒さが増している盛岡です。
法人化に伴う事務仕事も半ば途中ですが、珈琲屋としての業務は
精力的にこなす毎日です(アタリマエか…)。

そんな日々でも、新手の珈琲豆の案内が飛び込んできました。

〔 Mandheling G1 WAHANA longberry 〕

インドネシアなのにロングベリー?? ワハナ??
なにはともあれ珈琲豆の問屋さんに問い合わせして試しに仕入れてみました。
普段はじっくりサンプルをテストしてから仕入れを決めますが、
在庫僅少とのことでちょっとだけ。

2015_1013_wahana-1.jpg

2015_1013_wahana-2.jpg

今流行りのバキュームパックですが、到着してすぐに袋から茶袋へ移し替え。
“鮮度”はそんなに気にしてないし、生豆の香りと焙煎豆のそれとの相関関係に対して
それほど重要なファクターがあるとは考えていないので、バキュームパックでもなんでも
できるだけ早い段階で茶袋に入れ替えすることを心掛けています。
昨今は生豆が麻袋の内部でビニール袋に入ってくることが多く、情緒に欠けている印象を持つのは
ボクだけでしょうか…。

2015_1013_wahana-3.jpg

こんな豆。
手に取って観たときからバリバリな違和感。鮮度も高いためか生豆の匂いも生〜っぽい
ものがありましたが、普段のスペシャルティに感じる「別のナニカの香り」とは違って
フレッシュな生豆の正しい香りを感じました。
実はすでに焙煎済みで、焙煎直後ですがテイスティングもしました。

テイスティングコメントはのちほど。

posted by 機屋店主 at 20:19| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

KIVU ( congo )

天気予報がズレてくれたおかげで、昼過ぎからは好天に恵まれた盛岡です。
土曜日の今日は恒例の材木町よ市もあり、午前中からバタバタした機屋でした。

昨日のブログの投稿記事のせいではないけど、
〔ブラジルイバイリ〕のオーダーを3連続でいただいてしまい、あれこれと
抽出方法を試行錯誤しながら、久方ぶりにいつもと違った緊張感を持った仕事をさせて
いただきました。


仕事終わりにセレクトした一杯は〔KIVU(congo)〕。

2015_0704_kivu.jpg

ある一点に集まっていくような、収束感のある酸味、そしてアフターにフワッと広がる香味。
どこか懐かしい、クラシカルでゴツゴツした味わいが好みの珈琲でした。
まだまだ自然の秘境がたくさん残っているであろう、アフリカの大地に想いを馳せながら
ゆるゆるとした時間を過ごすことができたひととき。


posted by 機屋店主 at 22:20| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

BRAZIL IBAIRI

昨日焙煎した〔ブラジル イバイリ〕をスタッフのオオダイラくんにドリップしてもらう。
やや薄めのコーヒーエキス、焙煎したての味わいだが、アフターの余韻に清涼感のあるミント
を見つけた。本来の味(自分がイメージする味)を体感するにはもう少し時間が必要だが
マダガスカルやブラジル110年古木スマトラティピカに通じる滋味系の味わいとなるのかも?

2015_0703_ibairi.jpg

posted by 機屋店主 at 20:26| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

BRAZIL IBAIRI 2015年物

梅雨らしいウェットな空気を感じるものの、本日も最高気温28℃と
夏本番のような暑い一日となりました。
週末まで好天に恵まれそうな盛岡ですが、いろいろなお菓子も登場しております。
この季節おすすめのイチオシは「レアオレンジケーキ」。
オレンジのしぼりたて生果汁をそのままムースにしたシンプルなお菓子です。

そして、久しぶりの登場となった「カプチーノスティック」。

2015_0702_ibairi-3.jpg

こちらは、クッキーの土台にコーヒー味の生地をしいてオーブンでじっくりローストして
仕上げた珈琲屋ナラデワのお菓子です。
店主の気まぐれで次はいつ登場するかわかりませんので、ご興味のある方はこの機会に
お召し上がりください。


さて、本日の珈琲は〔ブラジルイバイリ2015年物〕。
本日商社から到着したての豆をさっそく焙煎しました。

2015_0702_ibairi-2.jpg

2015_0702_ibairi-1.jpg

ブラジルの試験品種「イバイリ種」というもので、見た目からもかな〜りな小粒。
パッと見では未熟豆と思ってしまうほどの小ささですが、コーヒーの原種の味わい
とでも言いますか、身体にじんわりと染み入るようなそんな味わいになるように
イメージして焙煎しました。
明日以降にテイスティングして、後日コメントします。

なんやかんやと雑務をこなして夜が更けていきます。

posted by 機屋店主 at 22:48| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする