2017年07月22日

Kenya AA / Brazil bourbon carmoshimosaka 1993

梅雨明けの気配も感じない盛岡です。

先日スタンダードのケニアとオールド珈琲のブラジルをテイスティングしました。

〔ケニア AA〕
緑の深い森に入り込んだような、草木の匂いをまといながら、冷めてゆく中で
鼈甲のような甘みを残しつつ、飲み終わる。
苦味がしっかりとあるわけではないが、明るい酸味と甘みをかすかに感じる後味に儚い苦味。
30年前からこんなケニアをずーっとつくってきた。

2017_0722-kenya.jpg


〔ブラジル ブルボン カルモシモサカ 1993年物〕

存在感ある香りにハッとさせられるブラジル。
いつ味わっても、この香りはブラジルにしか感じることがない。
しかもカルモシモサカ、そして1993年物。
引き出しの奥に大切にしまっておいた昔の日記を一ページ一ページめくっている
ような、そんな感じで味わいが広がっていく感覚。

2017_0722_bourbon.jpg


盛岡もそろそろ季節が晩夏へと歩みを進める頃。
焙煎豆をセレクトすることにも少なからず変化が生じる時期。
気持ちは徐々に深煎り珈琲に。
手始めにスマトラ産のオールドコーヒーでも焙煎してみようかと。

posted by 機屋店主 at 08:40| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

Hawaii Kona prime


「ハワイコナ」

コーヒーの世界に魅せられた方なら、「一度は味わってみたい珈琲」のひとつではなかろうか?
かく言う自分も、この豆を焙煎したときはテイスティングが待ち遠しく、いつも以上に繰り返して
味見をしてしまう。
先日も、アルバイトスタッフがこの豆に強い興味を抱き、100gほど持って行った。
自分だけの感覚だと自覚しているが、「コナコーヒー」には男のダンディズムを感じる。
高級腕時計とか高級な外車とか高級な宝飾とか、どことなくそんなものに通じる雰囲気がある。

だけど自分には、その美味しさを理解することはなかなかできなかった。
コナコーヒーが纏う雰囲気に引け目を感じていた。

あれから20年近くの時間が経ち、今またコナコーヒーに挑んでいる。

2017_0709_hawaii.jpg

口に含んだ瞬間に放たれる、明るい色調の鮮やかな香り。
じんわりとひらかれてくるうまみ。

この味わいは若い者にはなかなかわかるまいて。(ナンテネ)


うっとうしい梅雨のど真ん中に差しかかった盛岡です。
7月の中旬になり、街のソコココで太鼓が鳴り響いてきました。
ジメジメした気候を吹き飛ばすような爽快感のある珈琲って何なんだろう???

posted by 機屋店主 at 22:30| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

OLD BLEND

何番目のブレンドになるのだろうか?
ベースになるオールドコーヒーがなくなるたびに販売を休止している。
かつては遠方からも問い合わせの多かったブレンドだが、なにせオールド豆には限りがあるので
継続して焙煎し続けることはできないブレンドだ。

コロンビア サンアグスティン 1994年物
タンザニア キボー 1994年物
ブルンディ 2000年物

最後のブルンディ2000年物を使用したオールドブレンドは2年前だったと思うが定かではない。
さて、今回ふたたびオールドブレンドを焙煎することにした。
2017年10月、分店“HATAYA demi”が10周年を迎える。
それを記念して、思い立った復活焙煎なのだ。

ベースに据えるストレートコーヒー、しかもエイジングしているもの。今回はかなり悩んだ。
‘南米’→‘アフリカ’→‘アフリカ’と続いているが、はてさてどうしたものか…。
アラビアやカリブのコーヒーではオールドがあるにはあるが、とってももったいない。
いろいろと考えた結果、“グァテマラ2006年物”と定めた。
本日、焙煎を終えて明日のテイスティングで出来栄えを確かめるつもり。本店が臨時休業中ゆえに
とことん気が済むまでコーヒーのことを考える時間ができた。

そして夜には、“ボリビア サンタクルース 1995年物”をテイスティング。

2017_0605_bolivia.jpg

仕事を終えたアルバイトスタッフに頼み込んで、ドリップをしてもらった。
けっこう美味。



posted by 機屋店主 at 22:47| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

Guatemala pacamara

2016_0907_yanni-2.jpg

情報が氾濫している。コーヒー業界でも同じ。
昔(といっても10年くらい前)は、「グァテマラといえばアンティグア」くらいの
情報しかなかった。“グァテマラ”の尾ひれに“〇▲◇農園の〇▼◇種”なんてデータが付くように
なったが、自分自身はそのことをあまり気にすることはしなかった。

昨今のコーヒー界の流れは大きく変わってきたように感じる。
コーヒーの品質はコーヒーを輸入する商社が牛耳っている。コーヒーのデータも一方的に
供給される。取捨選択は日常茶飯事。

そんなことをぼんやりと考えながら「グァテマラパカマラ」を味わった。
苦味と香味が交差しながら野太い風味が印象的。
「グァテマラってこんな味だっけ??」なんて牧歌的なことを思いながら
コーヒーを味わうことがとても大切なんだ、と思う今日この頃。


話は変わるけれど、昨日楽しいひとときを過ごした。
家族5人でコーヒーの点て比べをした。
珈琲屋を始めたときにこんな時間がやってくるなんて微塵も考えたことがなかった。

posted by 機屋店主 at 08:19| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

PANAMA mamakata 2008

パナマ産の珈琲には話題性が事欠くことはない。
世界でも屈指の高級豆〔ゲイシャ種/エスメラルダ農園〕が特に有名。
残念ながら機屋に在庫はない。
ただ、ゲイシャ種が世に出てくる前から、パナマ産コーヒーには注目していたので
機屋には〔2000年物〕と〔2008年物〕のママカタ農園のパナマがある。
こちらは〔ゲイシャ種〕ではなく〔ティピカ種〕。中南米や南米に古来からある
在来品種で、ボクにとっても馴染みのある品種のコーヒーだ。

さて、連休もそろそろ終盤だけど、ようやくゆるりと珈琲をテイスティングした。

2016_1009_panama.jpg

派手な香りはないが、森の中で嗅ぎ取れるような樹木の香りとしみじみと染み入るような
滋味が特徴的。はっきりとした個性を主張してこないが、それがまた中南米産コーヒーの
特徴を表現していると思う。焙煎においては火の通し方次第で苦味にも酸味にも偏った味わい
になりそうだし、抽出においても引き出したいピンポイントの味に狙いを定めなければ
ぼやけた味わいになりそう。

秋へと季節の移り変わりが加速をはじめた。
温かい珈琲をいっそう楽しく面倒くさく味わう時間がやってきた。

posted by 機屋店主 at 21:48| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする