2018年10月27日

Bali arabica 神山 1995年物

2018_1025_moon.jpg

雨模様の一日となった盛岡ですが、
2~3日前にあまりに綺麗なお月さまだったので
その追憶に浸りながら、珈琲を一杯。

2018_1024_hawaii.jpg


目の覚めるような感覚ではないけど、長年何度も焙煎してきたバリアラビカも
第3段階くらいのステージへと歩みをすすめた印象。
何層にも重なり合ったようないろんな酸味の中に、ほんの少しだけ甘みが残る。
広がりのある香味ではなく、バーティカルに沈んでいくようなうまみ。
これまでの経験を考えると、やはり馴染み深い味わいにホッと気持ちが和らぐ。

気が付けば、もうすぐ11月。
深煎りの珈琲と浅煎りの珈琲の美味しさを織り交ざりながら
珈琲の季節を愉しみたいものだ。
posted by 機屋店主 at 18:18| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする