2018年06月08日

Uganda blue nile

晴天の盛岡ですが、今日は朝からデパ地下のお店で店番でした。
窓がない空間で仕事することって、とても憂欝になりますが
ナニゴトも発想の転換で良い方向に気持ちを切り替えて、
普段とは全く違ったテイスティングを。

2018_0608_uganda-2.jpg

Uganda blue nile

25gの珈琲豆を使って80t。かなり濃い目に淹れましたが
ウガンダの特徴?というほどの際立った個性は感じられず、
優しい酸味とギューッと詰まった香味がまとまっている印象でした。

2018_0608_uganda-1.jpg


ここのところ、目が回るような雑務に追われていますが、
ゆっくりとコーヒータイムを過ごしながら、あれやこれやと焙煎の
ワルダクミも進行中です。

イエメンモカを深く煎る。
一回目に焙煎したイエメンは、まだまだ浅いところで煎り止めしたようで
アフターに酸味が残り、アノ方が味わえば十中八九「もう少し苦いモノを」と
おっしゃるのだろう・・・。
日曜日までには第二回目の挑戦をするつもり。

新刊本の影響をもろに受けた感じだが、いまやらなければ!という気持ちで
攻めていこうと思う。
posted by 機屋店主 at 22:18| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする