2018年05月18日

Colombia san ishidro

過去にカップオブエクセレント(COE)入賞経験を持つコロンビア豆。

2018_0518_sanishidoro-1.jpg

これまで、そんな尺度で珈琲豆を仕入れることなどしてこなかったわけだが
知らずにやり過ごす気にもなれず、仕入れてみることにした。


****
COEの実績は侮れないし、エメラルドマウンテンのような“ツクラレタ品質”よりは
味わいに信用がある。
****
これは取引業者の言葉。
エメラルドマウンテンにとても大きな信頼を寄せている自分にとっては
「???」のマークだけが頭に残った。

早速焙煎してテイスティング。

2018_0518_sanishidoro-2.jpg

コロンビアに感じる草木のような爽快感やミネラルっぽい硬質な味わい。
そのあとにつづくほんのりとした甘みのようなモノがある。
“ワンランク上の味わい”を感じるが、エメラルドマウンテンとの優劣を考えると
どちらにもそれぞれの良さがある。

コロンビア尽くしの毎日がつづく。
オーガニック、エメラルドマウンテン、COE入賞豆、果てはナリーニョ1995年物。
いろんな味があるから珈琲は面白い。


posted by 機屋店主 at 22:44| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする