2018年04月05日

Ethiopia gesha (geisha)

盛岡も春本番!と思いきや、ここにきてよもやの足踏み…。
厳しい寒さが長かった分だけ春の到来が待ち遠しかっただけに
待ちわびる気持ちもそろそろ限界です。
嘆いていても季節は思い通りになるわけでもないけど、
早くポカポカ陽気になってほしいものです。

世の中では新年度がスタート。
全然関係ないけど、懸念事項だった焙煎機のオーバーホールから、一日がスタート。
そしてそして、「エチオピア ゲシャ(ゲイシャ種)」を焙煎!!

2018_0405_geisha.jpg

世間でもっとも高値の珈琲豆でもあるゲイシャ種のコーヒー豆をとうとう仕入れた。
焙煎した手応えは「???」。ケバケバしい香りが支配しているのだろうと
思い込んでいたのに、全然違った…。かといって、ナニカ突出する個性がドーンと
来るのか?といえば、予想と反して非常にオトナシイ味わい。
しばしカップを放置して30分程度待ってみたら、ギューッと集まってくる酸味が
表に出てキタ!
焙煎直後の、まだガスが残って味もまとまらない状態であることは重々承知だったが
数日後の味わいがけっこう楽しみな珈琲。

posted by 機屋店主 at 22:41| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする