2017年10月04日

Tanzania AA 1994年物

2017_0930_ethiopia-2.jpg

今日は十五夜。中秋の名月です。
お店の外に出るとぽっかりと大きなお月様がでていました。
吹き抜ける風もひんやりとしてシャツ一枚では足りないくらい、肌寒い夜です。

先日の話ですが、

“Tanzania AA 1994年物”を飲みました。
この豆は、機屋の語り草のひとつ「オールドブレンド」のセカンドバージョンで
使っていた豆です。
当時は、単品で焙煎してもなんとなく芯が感じられなかったので、
ブレンドのメインで使ってみたところ、求めていた味わいに近いものが出来上がりました。

単品でやや深煎りに仕上げた1994年物ですが、
今は艶やかな香りと鼈甲のような甘みがさり気なく佇んでいる珈琲になっていました。

長い時間をかけて紡ぎだされる味わいに、ひとり向き合う今宵のコーヒーブレイクです。

posted by 機屋店主 at 21:29| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする