2017年07月22日

Kenya AA / Brazil bourbon carmoshimosaka 1993

梅雨明けの気配も感じない盛岡です。

先日スタンダードのケニアとオールド珈琲のブラジルをテイスティングしました。

〔ケニア AA〕
緑の深い森に入り込んだような、草木の匂いをまといながら、冷めてゆく中で
鼈甲のような甘みを残しつつ、飲み終わる。
苦味がしっかりとあるわけではないが、明るい酸味と甘みをかすかに感じる後味に儚い苦味。
30年前からこんなケニアをずーっとつくってきた。

2017_0722-kenya.jpg


〔ブラジル ブルボン カルモシモサカ 1993年物〕

存在感ある香りにハッとさせられるブラジル。
いつ味わっても、この香りはブラジルにしか感じることがない。
しかもカルモシモサカ、そして1993年物。
引き出しの奥に大切にしまっておいた昔の日記を一ページ一ページめくっている
ような、そんな感じで味わいが広がっていく感覚。

2017_0722_bourbon.jpg


盛岡もそろそろ季節が晩夏へと歩みを進める頃。
焙煎豆をセレクトすることにも少なからず変化が生じる時期。
気持ちは徐々に深煎り珈琲に。
手始めにスマトラ産のオールドコーヒーでも焙煎してみようかと。

posted by 機屋店主 at 08:40| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする