2017年07月18日

ふたつはいらない

機屋本店は振替休日だったため、一日ゆるりと珈琲を味わいながら残務整理。
強い風雨で時より日差しが暗くなったりして、外の様子を気にしながら
珈琲豆を焙煎したり、テイスティングしたりして過ごした久しぶりの休日。

2017_0718_french.jpg

先日お土産で頂いた「ブラジルブルボンカルモシモサカ1993年物」の超深煎りを
味見しました。
苦味がスーッと押し出してくるが、それが決して嫌な感じで舌に残ることはない。
酸味はほとんど感じず、甘みがもう少し乗ってくるといい感じになるのかもしれないが
それほどの伸びは感じなかった。

飲み終わった後の“独断と偏見に満ちた”感想は
「おなじものはふたつといらない」
ひとが変われば、その豆に対するアプローチは全然違ったものになるし
そこには培ってきた経験や技術がモノをいう世界があり、また違った味わいになることは
決して変なことではない。

つくりたい珈琲の味わいは違うのかもしれないけど、だれかに味わってもらった後に
残っていてほしいその珈琲のイメージは、じつは近いのかもしれない。
そこには珈琲豆の詳細データやつくり手のコダワリなんてものは一切不要(ひとがそれを特に必要と思っていても)で、ただそこにある珈琲を味わいながらコーヒータイムを楽しんでいただけたらいいな、と願う気持ちで珈琲を提供する。

つくりたい味わいはひとつ。
深煎り珈琲のカリスマはそうおっしゃる。
これを自分の珈琲で言いかえれば、ブラジルの味わいはブラジルでなければ
つくれない。産地の風土というか雰囲気みたいなものを表現して、ひとのイメージにアプローチする。
そして共鳴できたら素晴らしいけど…。

なかなかまとまりません。
休みの日の取り留めもない絵空事。



posted by 機屋店主 at 19:58| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする