2017年06月05日

OLD BLEND

何番目のブレンドになるのだろうか?
ベースになるオールドコーヒーがなくなるたびに販売を休止している。
かつては遠方からも問い合わせの多かったブレンドだが、なにせオールド豆には限りがあるので
継続して焙煎し続けることはできないブレンドだ。

コロンビア サンアグスティン 1994年物
タンザニア キボー 1994年物
ブルンディ 2000年物

最後のブルンディ2000年物を使用したオールドブレンドは2年前だったと思うが定かではない。
さて、今回ふたたびオールドブレンドを焙煎することにした。
2017年10月、分店“HATAYA demi”が10周年を迎える。
それを記念して、思い立った復活焙煎なのだ。

ベースに据えるストレートコーヒー、しかもエイジングしているもの。今回はかなり悩んだ。
‘南米’→‘アフリカ’→‘アフリカ’と続いているが、はてさてどうしたものか…。
アラビアやカリブのコーヒーではオールドがあるにはあるが、とってももったいない。
いろいろと考えた結果、“グァテマラ2006年物”と定めた。
本日、焙煎を終えて明日のテイスティングで出来栄えを確かめるつもり。本店が臨時休業中ゆえに
とことん気が済むまでコーヒーのことを考える時間ができた。

そして夜には、“ボリビア サンタクルース 1995年物”をテイスティング。

2017_0605_bolivia.jpg

仕事を終えたアルバイトスタッフに頼み込んで、ドリップをしてもらった。
けっこう美味。



posted by 機屋店主 at 22:47| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする