2016年09月24日

レスポンス

無謀にも当代のコーヒーの巨匠たちに自分の焙煎した珈琲豆を送りました。
その返事が数日も置かずに帰ってきた。

九州の巨匠からはハガキとともに珈琲豆が添えられて。

2016_0924_bibi.jpg

早速スタッフと一緒に味見をさせていただいたが、ここ数日の深煎り傾向もあって
以前よりも抵抗もなく珈琲の味わいを楽しむことができた。
ハガキに記されたメッセージがまた嬉しく、これからの珈琲屋稼業を心してやり抜こうと
改めて思った次第。

明日もまた珈琲をたくさん胃に流し込むだろうけれど、
やはりモチベーションは高まるばかりだ。

posted by 機屋店主 at 21:58| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする