2016年09月19日

Guatemala typica 80 years

“深く煎ること”に傾倒している今日この頃だが
時には、自分スタンダードに戻りたくなる。

ちょっと“箸休め”的にグァテマラに食指が動いた。

昨日、いっしょに働いてくれたアルバイトスタッフの手を止めて
グァテマラティピカ80年古木のテイスティングに付き合ってもらった。
焙煎してからの経過もまだ日が浅くて、この80年古木に特徴的なこゆい香りは
まだまだ出てこない。けれど、美味しい気配はムンムンと嗅ぎ取れる。
苦味・酸味・香味が交差して層をつくった厚みを感じる珈琲になると確信を持つ。

それからの流れではないが、
“ヤンニハラールモカ”の中煎り(機屋のスタンダード焙煎)を朝一番にテイスティング。
荒ぶった香味も数日の時間経過で、狙った味わいに変わっていくのだろうか?

朝晩のひんやりとした空気が、珈琲をまた一段と美味しくしてくれる。

hawaii_kona_0929.JPG

posted by 機屋店主 at 22:29| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする