2016年02月19日

Guatemala bourbon amarelo

グァテマラブルボンアマレーロ。
来週に行われる「手網焙煎品評会」の課題豆ということもあり、昨日今日と執拗にテイスティング。
それとあわせるように岩手大学の学生アルバイトたちをつかまえて、コーヒーのドリップ法について
とやかく絡んでコーヒー談義に付き合ってもらった。
最近、コーヒーの話をすることに非常に飢えている。特に焙煎や抽出の技術論。
こればかりはお客さんを相手にして話せる話題ではない。やはりカウンターの中の話。

このグァテマラについて、いろんな商社の方に豆の詳細情報をうかがってみた。
不勉強だったが、初めて知ったこともあった。
グァテマラ産のコーヒーには、ブルボン種の単品種(シングルオリジン)と複数の品種がその土地の
コーヒー組合などでブレンドされたものがあるそうだ。ブルボン種に加えてカトゥーラ種やパチェ種
などがブレンドされているという。
今後のコーヒーづくりに役に立てばいいなと単純に思う。

2016_0219_guatemala-1.jpg

今回の〔Guatemala bourbon amarelo〕はけっこう苦い。
こんな味わいを想定していなかっただけに、想定通りの味わいに近づけるために
抽出技術が鍛えささる。これもまた楽しい時間になる。

明日は朝から予定が目白押しなので、明後日にはこの感覚を残しつつ手網焙煎に挑みたいと思う。

posted by 機屋店主 at 21:07| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする