2015年09月14日

petit tokyo tour (4)

トーキョーツアー2日目は上野公園敷地内のスターバックスでのブランチから始まる。
盛岡にいてもほとんど行ったことのない全国チェーンのコーヒーショップだが、
平日の午前10時(機屋の開店時間30分前)なのに、あの広い店内のテーブルはお客さんで
満席で外のテラスにも次から次へとお客さんが座り込んでくる。
恐らくもう3回転ぐらいはこなしていそうな雰囲気で、機屋の一日(もしくは二日間)の
来客人数をゆうに超えている状況を目の当たりにして、しばし呆然とした。
現代人のライフスタイルの変化、とでも言えばいいのだろうか。
平日の午前なのに多種多様のひとびと(老若男女ごっちゃまぜ!)がこのコーヒーショップを
行き来していた。

ここに来た目的は、「クレオパトラとエジプトの王妃展」。
なんのプランもなく、なんとなく長女の提案に乗っかってやってきた。
館内は観光の方々でごった返しで、いったいどこからこんなに人が集まってくるのか?なんて
田舎もんまる出しで、人に酔いながらエジプトの古代遺跡や石像を鑑賞。

鑑賞の後は西へ進んで、まずは武蔵境へ。
珈琲小僧の頃、コーヒーづくりの考え方に大きな影響を与えてくれた「ミネルヴァ」。
このお店が主催している「オールドコーヒーの会」の入会が目的。
息子さんの対応では、「お母さん(尾形さん)に直接伝達してくれ」とのことだったので、
2銘柄の珈琲豆(グァテマラエルインヘルト2003年/ブラジルマラゴジッペ2004年)を購入後に
即電話して、入会手続き完了。

2015_0903_tokyo-1.jpg

2015_0903_tokyo-2.jpg

それから吉祥寺へ移り軽くランチを済ませて、街をぶらつく。
ここでもユキさんの思いがけないリクエストが飛び出して、
「お茶とお菓子 横尾」というカフェ?へ。

2015_0903_tokyo-3.jpg

2015_0903_tokyo-6.jpg

2015_0903_tokyo-5.jpg

2015_0903_tokyo-4.jpg

自分にとっては全くの未体験ゾーンへの突入でしばしの女子トークを聞き流しながらの
ブレイクタイム。

懐かしの街を家族でぶらつきながら、新幹線の時間ギリギリまでトーキョーの雰囲気を
愉しみました。

petit tokyo tour 編  おわり

*********************************************

ブラジルマラゴジッペフクダトミオ2004年(原種)
ニューギニアピーベリープロサ 2007年
ジンバブエ 2006年
グァテマラ エルインヘルト 2003年

本日までに上記4銘柄をテイスティング。
相変わらずのミネルヴァ節が、口の中で炸裂しまくりでした。
いっしょにテイスティングに居合わせた石屋のTくんいわく、
「このテイストをひろえる人っているのかな???」でした。

2015_0914_tour.jpg

本日、グァテマラインヘルト2003年をテイスティング。
だれも目指すこともない、だれも真似することすらできないミネルヴァの味を
改めて堪能できました。

posted by 機屋店主 at 16:34| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする