2015年09月10日

petit tokyo tour (3)

コーヒーが熱い!地域、清澄白河をあとにして、次に向かった先は三軒茶屋。
これまた行き当たりばったりの珍道中で、乗った地下鉄が三軒茶屋へ向かう電車だったから
というのんきな気分。
7年くらいトーキョーで過ごしていたが、全然行ったことのない街で目指したところも
珈琲屋さんだけ。
ぶらぶら歩いて行き着いた珈琲屋さんはここ。

2015_0902_tokyo-11.jpg

[red clover]

とある珈琲屋さんのブログで〔red clover〕の記事を読んで気になったお店でした。
豆棚に並んだコーヒーの銘柄のセレクトから推測するに、お客さん主導ではなくこの店の
マスターの選別眼にかなった豆を揃えている、という主張が感じられた。

2015_0902_tokyo-12.jpg

どことなく人懐っこいマスターの笑顔が印象的なお店でした。

それから、トーキョー時代の人生の師でもある順さんから再三にわたってリコメンドされていたお店へ。

2015_0902_tokyo-13.jpg

中目黒の「カフェファソン」。
紙コップのコーヒーやマグカップのものに辟易しはじめていたので、濃厚なデミタスを所望しました。
いきなり初見で無理なオーダーを快く受けてくれたスタッフの皆さんの対応に感謝。

2015_0902_tokyo-14.jpg

深煎りのブレンドと中煎りのブラジル。
ざわざわしていたボクの胃袋もストンッと落ち着いた感じでした。

そうこうするうちに陽も暮れてきて、プチトリップの主目的である渋谷ヒカリエまで
ユキさんとよし乃さん(長女)を送り届け、自分はふらっと渋谷の街へ。
ここまで来たら、今日の締めの珈琲屋はもうここしかないですね。

「羽當」
※画像はありません。

懐かしの五番町や楡(ニレ)ブレンドをメニューに見つけ、五番町ブレンドを早速オーダー。
さっきまでペーパードリップしていたカウンターのマスターがシンクの下からネルフィルターを
取り出し、タオルでパンパンとたたいてネルの水気をとりはじめる。
じっくり20分かけてデミタスコーヒーをドリップ。
その間でもお客さんが途切れることなく、出たり入ったりを繰り返していました。

期せずして「Blue bottle coffee」の創始者、フリーマンをたどる一日となった。

*****************************************

先日、休日恒例のコーヒーテイスティング。
red cloverのストレート2種。キリマンジャロの深煎りとイエメンバニマタル。
ネルドリップで濃厚仕上げのデミタス。

2015_0910_red-1.jpg

2015_0909_red.jpg

posted by 機屋店主 at 22:17| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする