2015年07月10日

EL SALVADOR PACAMARA hand roast

提出期限より一日遅れとなりましたが、今月の手網焙煎品評会の課題豆〔エルサルバドル パカマラ〕を午前中に焙煎しました。本店勤務のスタッフには、(“鶴の恩返し”ばりに)「決して焙煎室をのぞかないでください」とお願いしておきながら、30分の手網焙煎にチョー集中しました。

2015_0710_elsalvador.jpg

今回から課題豆は、機屋の在庫ではなく他店舗の仕入れた生豆となったので、自分なりのテーマを組み立てて焙煎に挑みました。

テーマは〔情緒〕。
エルサルバドルは、日本のコーヒー市場においてもかなりの古株的なコーヒー
生産国。コロンビア、ブラジル、キリマンジャロ、グァテマラ、マンデリン、モカなど
ストレートコーヒーが定番のようにオンリストされている中、その末席あたりに
メキシコ、ブルーマウンテンなどと並べられて、エルサルバドルもその名があった。

学生時代を過ごしたトーキョー吉祥寺の「エコー珈琲店」で味わったサルバドルには
グゥーッと強烈なパンチを食らったような、鮮烈な苦味を覚えている。
また、隣りの武蔵境にある「ミネルヴァ」の女主人から、この豆を買い求めたときの
言葉も薀蓄に富んでいた。「ひと月経って味が落ち着くのよ。」この言葉は、今でも
呪文のように自分がサルバドルをお客さんに説明するときに必ず口にしてしまう。


さて焙煎豆はどうなったか?

2015_0710_elsalvador-1.jpg

ふたハゼまでしっかりと煎り込むことを念頭に挑んだ。
自分にとっての、サルバドルにまつわる思い出が頭の中を去来していく。
「パカマラ」という特殊な条件など、きれいさっぱり拭い去って、
「エルサルバドル」というコーヒーの味わいと対峙しながら、焙煎を進めた。

始めの十数分間は、水分の含有率が多い印象もあったので、弱火で炎から15p離したところで
必死に網を振り、「遠火の強火」を意識しながら同じ距離で炎を少しずつ強める。
終盤になると、もはやハゼ音なども気にならなくなり、網の豆のほうから煎り止めのサインが
でてきた(と感じた)ので、焙煎終了。

さて、出来栄えは??

posted by 機屋店主 at 16:50| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

テスト

月イチで実施するテストの日でした。
世界地図、コーヒー器具の使い方、コーヒーにまつわる歴史など、
珈琲屋で働くための最低限の知識を身に付けるための勉強会。

2015_0705_test-1.jpg

2015_0705_test-2.jpg

2015_0705_test-3.jpg

あきらめずにしっかりと肥やしにしてほしいものです。

posted by 機屋店主 at 22:03| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

KIVU ( congo )

天気予報がズレてくれたおかげで、昼過ぎからは好天に恵まれた盛岡です。
土曜日の今日は恒例の材木町よ市もあり、午前中からバタバタした機屋でした。

昨日のブログの投稿記事のせいではないけど、
〔ブラジルイバイリ〕のオーダーを3連続でいただいてしまい、あれこれと
抽出方法を試行錯誤しながら、久方ぶりにいつもと違った緊張感を持った仕事をさせて
いただきました。


仕事終わりにセレクトした一杯は〔KIVU(congo)〕。

2015_0704_kivu.jpg

ある一点に集まっていくような、収束感のある酸味、そしてアフターにフワッと広がる香味。
どこか懐かしい、クラシカルでゴツゴツした味わいが好みの珈琲でした。
まだまだ自然の秘境がたくさん残っているであろう、アフリカの大地に想いを馳せながら
ゆるゆるとした時間を過ごすことができたひととき。


posted by 機屋店主 at 22:20| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

BRAZIL IBAIRI

昨日焙煎した〔ブラジル イバイリ〕をスタッフのオオダイラくんにドリップしてもらう。
やや薄めのコーヒーエキス、焙煎したての味わいだが、アフターの余韻に清涼感のあるミント
を見つけた。本来の味(自分がイメージする味)を体感するにはもう少し時間が必要だが
マダガスカルやブラジル110年古木スマトラティピカに通じる滋味系の味わいとなるのかも?

2015_0703_ibairi.jpg

posted by 機屋店主 at 20:26| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

BRAZIL IBAIRI 2015年物

梅雨らしいウェットな空気を感じるものの、本日も最高気温28℃と
夏本番のような暑い一日となりました。
週末まで好天に恵まれそうな盛岡ですが、いろいろなお菓子も登場しております。
この季節おすすめのイチオシは「レアオレンジケーキ」。
オレンジのしぼりたて生果汁をそのままムースにしたシンプルなお菓子です。

そして、久しぶりの登場となった「カプチーノスティック」。

2015_0702_ibairi-3.jpg

こちらは、クッキーの土台にコーヒー味の生地をしいてオーブンでじっくりローストして
仕上げた珈琲屋ナラデワのお菓子です。
店主の気まぐれで次はいつ登場するかわかりませんので、ご興味のある方はこの機会に
お召し上がりください。


さて、本日の珈琲は〔ブラジルイバイリ2015年物〕。
本日商社から到着したての豆をさっそく焙煎しました。

2015_0702_ibairi-2.jpg

2015_0702_ibairi-1.jpg

ブラジルの試験品種「イバイリ種」というもので、見た目からもかな〜りな小粒。
パッと見では未熟豆と思ってしまうほどの小ささですが、コーヒーの原種の味わい
とでも言いますか、身体にじんわりと染み入るようなそんな味わいになるように
イメージして焙煎しました。
明日以降にテイスティングして、後日コメントします。

なんやかんやと雑務をこなして夜が更けていきます。

posted by 機屋店主 at 22:48| 珈琲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする