2018年10月27日

Bali arabica 神山 1995年物

2018_1025_moon.jpg

雨模様の一日となった盛岡ですが、
2~3日前にあまりに綺麗なお月さまだったので
その追憶に浸りながら、珈琲を一杯。

2018_1024_hawaii.jpg


目の覚めるような感覚ではないけど、長年何度も焙煎してきたバリアラビカも
第3段階くらいのステージへと歩みをすすめた印象。
何層にも重なり合ったようないろんな酸味の中に、ほんの少しだけ甘みが残る。
広がりのある香味ではなく、バーティカルに沈んでいくようなうまみ。
これまでの経験を考えると、やはり馴染み深い味わいにホッと気持ちが和らぐ。

気が付けば、もうすぐ11月。
深煎りの珈琲と浅煎りの珈琲の美味しさを織り交ざりながら
珈琲の季節を愉しみたいものだ。
posted by 機屋店主 at 18:18| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

Brazil bourbon carmoshimosaka 1993年物

秋の気配が漂う盛岡です。
7月8月のとても厳しかった暑さも過ぎ去ってしまえば
もう遠い昔のようです。

コーヒーの季節。
身体で感じる気温とコーヒーの温度の絶妙な関係で
普段味わっているコーヒーの風味も一段と色合いが増していく。

この数か月の間にいろんな出来事がありました。
珈琲を味わいながら、出来事の整理をゆっくりと進めています。
自分の人生はやはり珈琲が中心にあるのだけど、
東京まで足を延ばして見聞を広げてみても、時代の流れの速さに戸惑いを感じるばかりで
かつて憧れたコーヒーの世界とはまた別の展開が主流となっていたり。

2018_1010_bolivia.jpg

ブラジルボルボンカルモシモサカ1993年物。
あの頃の懐かしさを思い浮かべながら味わう珈琲はセピアの色合いを帯びていました。
posted by 機屋店主 at 11:43| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

Colombia spremo

盛岡はさんさも終わり、秋の気配がただよう季節。
キビシイ暑さのダメージを引きずりながら、少しずつ身体を休めている今日この頃です。

新しいスタッフが増えて、機屋にも活気がでてきました。
一方で惜しまれながらもお別れしなければならないスタッフも。
いろんな感情がわいて、悲喜こもごもの毎日ですが、
今日は今日とて珈琲を味わう時間はいつもと同じ。

今日は新人スタッフ井上くんのおすそ分けで
船橋の珈琲屋の焙煎したコロンビアスプレモを飲みました。

2018_0810_colombia.jpg

お店で使っている焙煎機ではなく、機屋と同じ焙煎機で通称ブタ釜を使って
焙煎したコロンビア。
明るい酸味と開いた香りがとても印象的でした。

***********

来たるお盆は全国各地でも”民族大移動”が始まります。
機屋は8/13(月)だけお休みをいただき、あとは通常営業いたします。

たくさんの珈琲豆を焙煎して、みなさまのお越しをお待ちしております。

posted by 機屋店主 at 10:03| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

Celebes peaberry

7月から新しいスタッフが増えて、新しい試みにトライする機会が多くなった。

そのひとつが、朝礼でのコーヒーテイスティング。
同じ珈琲をドリップしても、違う味わいになるところに
珈琲の面白さや難しさがある。

自分には、珈琲に対する確固としたイメージがあり、
気分によって、“ソノトキ”に味わいたい珈琲がある。


セレベスピーベリーのデミタス。

2018_0723_celebespeaberry.jpg

考え事があったりして集中しなければならない場面、
沈黙の時間がどうしても必要なときに選ぶのかもしれない。
口に含んだ時から、繊細な苦味や背後に隠れている酸味やほのかな甘みが
一点にスーッと集まっていくような感覚。


7月の暑い夏の朝に、ぬるめのデミタスを味わう。
果たして新人スタッフにはどのくらい届いたかな?



posted by 機屋店主 at 08:44| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

Guatemala SHB 1996年物

グァテマラのオールドコーヒーの理想的な味わいはどんなものなのか?
ボク自身にとって、この産国のオールドはまだまだ未知の領域にある。

「グァテマラ SHB 1996年物」を倉庫で見つけてなんとなく焙煎した。
感触のいい焙煎ができる時は、焙煎する前に豆をよく見た時からなんとなく心躍る気持ちで
焙煎の過程なんかも吟味することもなく、いつの間にか豆を火からはずしている。
今回の1996年物は、そんな感触もなかった。

そしてテイスティング。

2018_0706_guatemala.jpg

グァテマラの印象はいつも香りと酸味、そして硬質な苦味の絡み合ったような、角ばった味。
この1996年物は角が取れて丸みを感じるうまみがあり、香りにもなめらかさを感じた。

雨が降り続く盛岡ですが、忙しさから離れて何も考えないで佇んでいる一日。
夢幻のような時間が欲しくなる今日この頃。


posted by 機屋店主 at 20:38| 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする